大都会で暖かく迎えてくれるシニアと一緒に住んでみませんか?

大学生は、日中は自由に活動し夜は家にいることが望まれます。週2日程度、夕~夜の時間帯を家でシ二アと共に過ごします。食事は基本的に別々ですが、一日の出来事を話し合ったりする時間として、一緒にお家で食事をするペアが多くいます。休日は二人でレストランやコンサートに行くペアもいます。一緒に散歩をするのも楽しい時間の過ごし方です。シニアが具合の悪い時には病院に付き添ってあげましょう。 そうやってお互いに楽しく支え合い、助け合う生活を送ってみませんか。

基本的に部屋は分かれており、玄関・リビング・浴室・トイレ等は共同です。お掃除は気付いた方がやったり、ルールを決めて分担したり、ペアによって様々です。

異世代ホームシェア事業の参加者には、
世代間交流を通して助け合い、支え合うこの事業の理念と目的を、
しっかり理解し同意していただくことが基本となります。

学生の参加条件

  • 親元から離れて都内の大学で勉強していること。

  • シニアとの同居の意思があること。

  • フルタイムの仕事をしていないこと。

  • 定められた同居ルールを守ること。

学生のメリット

  • 住居提供による経済的メリットがあり、良い環境で安心して学生生活をおくれます。

  • 郷里のご両親も安心できます。

  • 責任感が向上し、他人の為に役に立てる自覚がでます。